代表挨拶

Welbyのミッション:Empower the Patients
Welbyのビジョン:患者が「自ら情報を得て」「自ら行動し」「自ら判断できる」社会へ

多くの医療者、患者さん、ご家族とお話を重ねる中で見えてきたものは、様々なニーズや症例に最適な医療を提供するためには、医療者に一方的に頼ることでもなく、一律的な手法を適用することでもなく、患者さん、ご家族が自ら学習し、自己管理をすることで、「自ら」行動することでした。
我々のミッションは、そうした患者さんとご家族をサポートし、「自ら情報を得て」「自ら行動し」「自ら判断する」手助けをすることです。

ようやくテクノロジーの進歩により、自らの疾患治療に必要な情報にはアクセスが容易になり、自ら管理できるバイタル数値、活動履歴、食事履歴、服薬も容易に記録・保存できるようになり、必要なコミュニケーションも時と場所を選ばずに出来るようになってきました。
我々Welbyは、こうしたテクノロジーを最大限に活用して、疾患治療で患者さん・ご家族と医療者がより良い医療を受けられるようにサポートをして参ります。
疾患についての理解や経験によって大きな差のある「ヘルスリテラシー」の向上に向けても最適な情報を提供できるよう疾患教育の機会を提供して参ります。
しっかり臨床の現場で評価されるサービスを目指して、多くの患者さん・ご家族、医療者と日々議論を繰り返して参ります。こうした取り組みが、少しでも医療の一助になれるよう我々は取り組んで参りますので、是非色々とご意見を寄せて頂き、ご一緒に進んでいければ幸いです。
引き続きのご指導・ご鞭撻の程、何卒よろしくお願いいたします。

hiki

代表取締役 比木 武